先進のオーディオネットワーク規格 Dante に対応した16マイク ライン入力 YAMAHA 8ライン出力を備えたI Tio1608-D Oラック 信憑 scudoo.com,YAMAHA/Tio1608-D,84150円,/caricatura1363430.html,先進のオーディオネットワーク規格「Dante」に対応した16マイク/ライン入力、8ライン出力を備えたI/Oラック,楽器・音響機器 , PA機器 , ミキサー , デジタルミキサー 84150円 先進のオーディオネットワーク規格「Dante」に対応した16マイク/ライン入力、8ライン出力を備えたI/Oラック YAMAHA/Tio1608-D 楽器・音響機器 PA機器 ミキサー デジタルミキサー 84150円 先進のオーディオネットワーク規格「Dante」に対応した16マイク/ライン入力、8ライン出力を備えたI/Oラック YAMAHA/Tio1608-D 楽器・音響機器 PA機器 ミキサー デジタルミキサー scudoo.com,YAMAHA/Tio1608-D,84150円,/caricatura1363430.html,先進のオーディオネットワーク規格「Dante」に対応した16マイク/ライン入力、8ライン出力を備えたI/Oラック,楽器・音響機器 , PA機器 , ミキサー , デジタルミキサー 先進のオーディオネットワーク規格 Dante に対応した16マイク ライン入力 YAMAHA 8ライン出力を備えたI Tio1608-D Oラック 信憑

先進のオーディオネットワーク規格 Dante に対応した16マイク ライン入力 YAMAHA 8ライン出力を備えたI Tio1608-D 買い取り Oラック 信憑

先進のオーディオネットワーク規格「Dante」に対応した16マイク/ライン入力、8ライン出力を備えたI/Oラック YAMAHA/Tio1608-D

84150円

先進のオーディオネットワーク規格「Dante」に対応した16マイク/ライン入力、8ライン出力を備えたI/Oラック YAMAHA/Tio1608-D







Tio1608-Dは先進のオーディオネットワーク規格「Dante」に対応した16マイク/ライン入力、8ライン出力を備えたI/Oラックです。

ステージに設置したTio1608-DとDante入出力カードNY64-Dを装着したTFシリーズ本体との間をイーサネットケーブルで接続するだけで高音質/低レイテンシーの音声伝送が可能になります。
Tio1608-Dに搭載しているプリアンプゲインはTFシリーズ本体からリモートコントロールでき、本体に内蔵されたプリアンプのコントロールと同様に行うことができます。

[Danteによる自由度の高いシステム構築]
ネットワークオーディオ規格「Dante」を採用しているため、TFシリーズだけでなく他のDante対応デジタルミキサーと組み合わせて、システムを構成することもできます。
この場合は、PCソフトウェア「Dante Controller」によりオーディオパッチ、「R Remote」 によりHAコントロール(将来対応予定)を行ないます。
Tio1608-DのオーディオパッチおよびHAコントロールは、TFシリーズからだけでなく、CL/QLシリーズからも将来のファームウェアアップデートにより対応予定です。
ただし、Tio1608-DのHAコントロールはPrimary回線でのみ行えます(リダンダント接続時にSecondary回線ではHAコントロールできません)。


【特徴】

[TFシリーズと最大3台接続可能のデジタルステージボックスシステム]
TFシリーズ本体とオプションのDante入出力カード「NY64-D」およびI/Oラック「Tio1608-D」 と組み合わせることで、簡単な設定で最大3台の接続が可能なリモートステージボックスシステムを構築できます。
PA席に設置したTFシリーズ本体とステージに設置したTio1608-Dとの間をイーサネットケーブルで接続するだけで高音質/低レイテンシーの音声伝送が可能になるため、重くて接続が大変なマルチケーブルを持ち運ぶ必要はありません。

[高信頼性を誇るネットワークオーディオプロトコル「Dante」]
Audinate社が開発したネットワークオーディオプロトコル「Dante」を採用。
低ジッター、低レイテンシー、高サンプル精度な高音質を実現しました。

[シンプルかつ柔軟な入力設定]
TFシリーズ本体との基本的な接続の設定が完了すれば、目的に応じ簡単かつ柔軟に入力設定が行えます。
新しく追加された「ALL INPUT」機能を使えば、全てのインプットセレクトを一括でTio1608-Dからの入力、もしくはTFシリーズ本体への入力や、USB端子に接続されたPC/Macからの入力に切り替え、コンソールに音声を立ち上げることが可能です。
また、各入力のインプットセレクトは個別に行うこともでき、TFシリーズ本体へのインプットとTio1608-Dへのインプットを組み合わせながら使用することや、DAWに録音したボーカルの録音トラックを再生しながらバンドリハーサルを行うなど、柔軟な運用が可能です

[リコーラブル可能なD-PREマイクプリアンプ]
TFシリーズの開発で追及した音楽的でナチュラルなサウンドはTio1608-Dでも継承。
メカニカルな構造やボードの配置、電源&グランド、パーツの選定などを多岐にわたって念入りに検討し、また厳しい性能・リスニング テストを開発の各ステージにおいて行いフィードバックをすることで「音楽的でナチュラルなサウンド」を実現しています。
プリアンプ部にはTFシリーズと同じリコーラブル「D-PRE」を搭載し、システム全体でナチュラルで音楽的なサウンドを提供します。


【仕様】

サンプリング周波数:External: 44.1kHz or 48kHz:

[シグナルディレイ]
Less than 3ms INPUT to OUTPUT, connect with TF5 and NY64-D using Dante,
Dante Receive Latency set to 0.25ms(one way), Fs=48kHz

[全高調波歪率 *1]
Less than 0.1% +4dBu@20Hz-20kHz into 600Ω, Gain=+66dB, INPUT to OUTPUT
Less than 0.05% +4dBu@20Hz-20kHz into 600Ω, Gain=-6dB, INPUT to OUTPUT
Fs=44.1kHz, 48kHz

[周波数特性]
+0.5, -1.5dB 20Hz-20kHz, refer to the nominal output level @1kHz, INPUT to OUTPUT, Fs=44.1kHz or 48kHz

[ダイナミックレンジ]
108 dB, INPUT to OUTPUT, Gain=-6dB / 112 dB, DA Converter

[ハムノイズレベル *2]
(20Hz to 20kHz), Rs=150Ω-128dBu Equivalent input noise, INPUT Gain=+66dB
-88dBu Residual output noise, ST master off

クロストーク*3:-100dB, adjacent INPUT/OUTPUT channels, Input Gain=-6dB
ファンタム電源:+48V
電源電圧:100-240V, 50/60Hz
消費電力:50W

[温度範囲]
Operating temperature range: 0 - 40℃
Storage temperature range: -20 - 60℃

寸法・質量:480W x 88H x 364D・5.7kg
付属品:ゴム脚x4


*1 全高調波歪率の測定は80kHz, -18dB/Oct のフィルターを使用しています。
*2 ハムノイズレベルの測定にはA-Weight フィルターを使用しています。
*3 クロストークの測定には、22kHz, -30dB/Oct のフィルターを用いています。

先進のオーディオネットワーク規格「Dante」に対応した16マイク/ライン入力、8ライン出力を備えたI/Oラック YAMAHA/Tio1608-D

自転車工房「のむラボ」のブログです

ボッタスやんけ&nbsp 

ポラールの心拍計の記事を書くのに調べごとをしていたら

↑メーカーサイトに出てくる このオッサン、
F1ドライバーのバルテリ・ボッタスそっくりやな というか
いや、これ たぶん本人やろと思い
ポラールが公式にサポートしているアスリート一覧を見たところ
載っていませんでした。
が、別のところに動画があり やっぱりボッタスでした。

気になったのは、肩書きが
「プロフェッショナル レーシング ドライバー」であって
F1ドライバーだとか、メルセデスAMGペトロナスだとかは
一切 書いてなかったことです。
チームではなく 個人スポンサーだからかもしれません。

動画では ボッタスが バーベルで筋トレしたり
泰山流双条鞭をしたり ロードバイクに乗ったり
ウェットスーツを着て川で泳いだり
オフトゥンの中であたたかくして寝たりなどしていますが、
プーマのウェアを着ているのが確認できる程度で
これまたベンツのロゴの入ったウェアなどは着ていません。

なんとなくですが、2022年のメルセデスのレギュラードライバーは
ルイス・ハミルトンとジョージ・ラッセルになる気がするんですよね。
ボッタスは追い出されるというより 自分から やめる感じになるんじゃないかと。
2020年のサクヒールGPで コロナ感染で欠場した
ハミルトンの代わりに ウイリアムズからラッセルを借りて
代走させたことがありましたが
(一応 建前上はライバルチームの 選手を借りるとか
自転車競技では考えられませんが)、
あのレ-スはタイヤ交換ミスの大失敗が無ければ
メルセデスの1・2フィニッシュとラッセルの優勝すら ありえたと思います。

ただ、ボッタスは ハミルトンの(自転車競技で言うところの)アシストに
徹している職人的なところがあり、不可抗力的な状況を除いて
下克上を狙わない走りをする結果 2位や3位が異常に多く、
ハミルトンがチャンピオンであり続けるのであれば
もうひとりのドライバーは ラッセルよりボッタスのほうがいいはずです。

ああ でも、ボッタスがレッドブルに移籍したりしねーかな。

あと、直近のレースの2021年ハンガリーGPで
決勝のスタート直後に「チームに残留したかったら いっちょ特攻してこい」という
オーダーがあったかのような
大クラッシュをやらかしていますが、
あれは マジであかん。

category: のむラボ日記

AL22Wリムで前輪を組みました&nbsp 

今日もホイー(以下略)。

AL22Wリムで前輪を組みました。

【ふるさと納税】相模原市田名のおがわのたまご ピンク卵(Mサイズ)80個
エボライトハブ 20H CX-RAY反ヌポークラジアル組みで



ニップルは 虹色配列です。私なりに
回転しているリムが 日光やライトなどで照らされたときに
最もグラデーションがきれいに見えると思える配列があり、
これを勝手にVAS配列(バスはいれつ)と命名していますが、
ニップルの個数(リムの穴数)によって
どの色を何個 並べるかは当然 変わります。
これについては20・22・24・28Hの場合については
完全に確立されています。

22Hは カンパニョーロのプロトンか、
内蔵ニップル仕様を わざわざ汎用ニップル仕様に改造した
ニュークリオン/ニュートロンのフロントリムに限られますが。

category: のむラボ日記

tb: 0   cm: 0

実測323gよりやや軽いアルミリムの後輪を組み直しました&nbsp 

今日もホイー(以下略)。

お客さんから 20インチWOリムの後輪をお預かりしました。
とある小径車ブランドの フレーム+前後輪という形態で
販売されているもので、かつて当店で販売したものです。
前後輪とも ピラーの14/15番丸バテッドスポークと
14mm長さのアルミニップルで組まれていましたが、
前輪は 販売前に黒CX-RAYストレートと
DTの12mm長さアルミニップルで組み直しました(→こちら)。


スポークがピラーなので ニップルもピラーだと思いますが
このニップル、つかみしろの部分が長いので
16mmロングニップルに見えるものの 実際は14mmです。
で、お預かりした理由ですが



ニップルが破断したので交換してほしいとのことです。



通常、リム内に残った側は リムの中に落ちて暴れますが
今回の件では リムの内側に貼り付いていました。


リンク先の記事にも書いていますが、
これは販売時の点検で DTのスポークフリーズという ゆるみ止めを
リムの外側から差していたからで、
上の画像に 赤い輪っかが残っているのがそれです。


破断したニップル1つだけを交換してもいいのですが、
お客さんは 遠方のかたなので
今後また別のニップルで破断が起きるたびに そこだけ直すというのが
面倒なので、ニップルを全交換することにしました。
ハブとリムが分かれた瞬間があるので
今日もホイー(以下略)。の条件を満たします。

行為としてはホイール組みですが、当店で販売しているので
通常のホイール組みの工賃は かかりません。

書き忘れていましたが(リンク先の記事には書いていますが)、
この後輪は12:6Hの18Hという やや攻めたスペックなので
ニップル全交換の判断をしました。
左右同数の24Hであったなら
破断した箇所の対処だけで済ましたかもしれません。
理由と時期が違いますが結局 前後輪とも組み直す結果となりました。


リムの実測重量です。
表題に323gより やや軽いと書いたのは
お客さんが リムにウェイトを貼っていたからです。




組めました。
スポークは そのまま使い回しています。


↑交換したニップル
スポークフリーズが効いていたので
丁寧にバラすのに やや手間取りました。

NinoLite キャップ2個セット オリンパスOMマウントレンズ用リアキャップ と カメラボディ用キャップ
ニップルの リムとの接触面に
摩耗痕が付いているものは いくつかありましたが、
いかにも「あ、こいつ近日中に とぶな」といった感じの
状態のものは見つかりませんでした。


組み直し後は 破断リスクが最小限だと思われる
12mm長さニップルにしています(上の画像 右)。
めったに使わないので どこに入れたか分からず 少し探しました。
前輪の組み直しに使ったニップルとは また別のものです。

category: のむラボ日記

のむラボホイール5号の後輪を組みました&nbsp 

今日もホイー(以下略)。

昨日の前輪の相方の のむラボホイール5号の後輪を組みました。


エボライトハブ 24H 半コンペヨンロク組みで


前輪と同じく 銀スポーク黒ニップルで
4ヵ所のみ赤ニップルです。
結線は あとでやります。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

のむラボホイール5号の前輪を組みました&nbsp 

今日もホイー(以下略)。

のむラボホイール5号の前輪を組みました。


エボライトハブ 20H CX-RAY反ヌポークラジアル組みで


基本は黒アルミニップル、バルブ穴とその対岸の位相の両側4ヵ所のみ
赤アルミニップルです。

category: のむラボホイール

tb: 0   cm: 0

プロフィール

検索フォーム

最新記事

最新コメント

カテゴリ

月別アーカイブ

リンク

カウンター